水戸さくらロータリークラブの活動

RI第2820地区 第4分区大会が開催されました

  • 2004.2.22
  • RI第2820地区トピックス
活動場所 三の丸ホテル
日時 2004年2月22日(日) 13:30開会
場所 三の丸ホテル
ホスト 水戸ロータリクラブ

今回の分区大会は、前年までIMとして開催されていたものを、RI会長の示された「ロータリー家族への思いやり」から生まれ、これを受け「ファミリー分区大会」と変わった大会です。

佐藤安彦第4分区ガバナー補佐の点鐘に始まり、今回のテーマ「我がクラブの会員増強活動」を参加8クラブから発表がなされました。会員増強は‘ロータリー永遠のテーマ’と何処のクラブも増強には苦慮している様子が伺われます。笠間クラブの平均年齢64歳、水戸南クラブの出席の会として月に一度夜に委員会を開催。そして退会防止にも苦慮しています。‘会員のネットワーク創り’‘楽しいクラブ創り’‘会費・費用の件’など、その中で岩瀬クラブの‘善い仲間を増やそう’は印象強いテーマです。

担当リーダー吉澤繁男パストガバナーから所感を頂き、今回のテーマを終了しました。

今回は猪谷千春氏から「私の挑戦」との講演をいただきました。冬季オリンピックスキー回転で銀メダルを取れたのは、1)二歳からスキーを始めた、2)環境を調えてくれた、3)海外での生活が長い、4)技術を自分で習得した、とお話に。過去のデーター、経験を踏まえて新しい事を始めるより、それらをゼロにして、「ゼロベース思考を」。逆境には「自分を信じて出来るんだ」という信念が必要。技術は必要だが勝つための技術も必要、基本に忠実に、運は自分の手で掴むという気持ちと努力はスポーツにも職業にも通じます。「文武両道」は米国ダートマス大学留学中に学んだとお話になりました。

座右の銘は「七転八起」だそうです。日本人がオリンピックスキー回転競技でいまだにメダルが取れない状況の中で、仕事にも通じる猪谷千春先生の貴重な講演をいただきました。健康に留意して頑張ってくださいとの励ましを受け、終了いたしました。

懇親会が賑やかに開催され、その中で1チーム5名によるダーツゲームのクラブ対抗戦が行われ、我がさくらクラブは団体優勝?根本佳典会員が個人賞とダブル受賞して、散会致しました。

 

  • 合同例会

  • 懇親会にて

  • ガバナーとご一緒に

  • 猪谷千春氏公演

  • 商品獲得でご機嫌

前のページへ戻る