水戸さくらロータリークラブの活動

永井 靖彦ガバナー公式訪問

  • 2004.9.6
  • RI第2820地区ガバナー公式訪問トピックス

9月6日(月)、RI第2820地区永井靖彦ガバナー、奥田浩堂ガバナー補佐をお迎えしてガバナー公式訪問が行なわれました。

例会に先立ち10時30分より、ガバナー、ガバナー補佐、会長、副会長、幹事、副幹事の6名にて協議会を開催し、和やかな雰囲気の中、職業分類の見直し、細分された職業分類を統合し、未充填の比率を下げるなど、クラブ運営・クラブ現況報告書等について細部に亘り、的確なご助言やご指導をいただき大変勉強になりました。

12時30分、水戸さくらRC会員の歓迎の拍手の中、例会場に入場。中村会長の点鐘、永井靖彦ガバナー・奥田浩堂ガバナー補佐を紹介。会食後、永井靖彦ガバナーの記念講演が行なわれました。歯切れのよい口調でジョークも交えながら、ロータリー100周年や未来についてわかりやすく話され、また、ロータリーの綱領にも触れられ、「職業の根底に利益を置くよりも、その根底に奉仕を置くことから、ロータリーが始まる、そこで奉仕は職業奉仕につながる」など、会員全員話に耳を傾けていました。

例会終了後、記念写真撮影、クラブ協議会に入り、各委員会の報告に対し、丁寧に的確なご指導をいただき、とてもわかりやすく、充実したクラブ協議会と成りました。ガバナーを囲んでの懇親会と公式訪問の全日程が滞りなく終了しました。

  • ガバナー公式訪問

前のページへ戻る