水戸さくらロータリークラブの活動

第2820地区 倉沢修市ガバナー公式訪問

  • 2015.9.7
  • RI第2820地区ガバナー公式訪問トピックス
活動場所 水戸京成ホテル

9月7日(月)、水戸京成ホテルにて倉沢修市ガバナー、岩田邦夫地区副幹事、大金誠第3分区ガバナー補佐、河野正政第3分区ガバナー補佐セクレタリーをお迎えし、公式訪問が行われました。当日は生憎の雨模様で、倉沢ガバナーが来水の途中で高速道路の通行止めに見舞われるハプニングがあり、若干ご到着が遅れましたが、11時よりガバナーとの事前協議会に入りました。

倉沢ガバナーからは、クラブの人数に応じた委員会編成の方法など、当クラブに適したご助言を頂き、次年度以降の運営に役立つお話を頂戴致しました。

12時30分から例会が始まり、倉沢ガバナーの講演ではパワーポイントを用い、今年度のテーマや地区目標について分りやすくご説明頂きました。例会終了後、記念撮影し、別室にて、クラブ協議会が開催されました。

当クラブ会長の進行のもと、各委員長より本年度の事業計画並びに実施状況の報告がありました。倉沢ガバナー、大金ガバナー補佐から、各委員会へ対して、適切な助言・ご意見を丁寧に頂戴致しました。その中でも、社会奉仕・青少年奉仕委員会が8月18日に実施した「水戸近郊中学新人卓球大会の主催」に関しては、ロータリー財団の補助金申請事業という事もあり、興味深く報告をお聞き頂き、今後の財団の活用方法についてもご助言を賜りました。大金ガバナー補佐は、事業当日に会場まで足を運んで頂き、直に触れた今事業を、「多くの参加者にとって有意義な取り組みであり、ロータリークラブの広報にも効果がある。是非、今後も継続して欲しい」とのお言葉を頂きました。

クラブ協議会終了後、15時30分より倉沢ガバナーを囲んでの懇親会が開催され、全ての日程が終了致しました。倉沢ガバナーのお人柄もあり、終始和やかな雰囲気の中で公式訪問を終えることが出来ました。

前のページへ戻る