水戸さくらロータリークラブの活動

職場訪問・移動例会が開催されました

  • 2003.11.10
  • 奉仕活動職業奉仕
活動場所 全日空羽田整備工場・機体メンテナンスセンター、有明ワシントンホテル

職業奉仕月間の10月3回例会は、職業奉仕委員会、親睦活動・会場・プログラム委員会により、羽田空港に隣接する全日空羽田整備工場・機体メンテナンスセンター見学と、有明ワシントンホテルにて移動例会を開催しました。

会員19名、米山奨学生1名、会員の御子息、総勢21名にて水戸を出発、例会場の有明ワシントンホテルレストランにおいて例会を開催、昼食後職場訪問先へと移動。

全日空羽田整備工場では、全日空担当者より、飛行機はどうして飛ぶことができるかなど、クイズ形式で楽しく説明を受けた後、東京ドームのグランドの1.8倍もある格納庫の整備作業中の飛行機(ボーイング777)を身近に見学させていただきました。ターボファン・エンジンのファン1枚が約1千万、操縦室の風防ガラスが約八百万と桁違いの価格には、驚きました。機体のメンテナンスセンターは、運航整備支援や大きな不具合の修復とA整備、C整備の定時整備とHMV等、私達の安全と快適に飛んでもらうよう深度の深い整備をしている所です。

次に、平成13年12月22日に、九州南西海域で起きた工作船事件の船を見学。
工作船は、高速航行に適したV字型の船型を有し、全長約30メートル、幅約5メートルで、一般的な漁船の約10倍の馬力で30ノット(時速約55キロ)以上の高速で航行することが可能だそうです。また、工作船には、2連装機銃や携行型地対空ミサイルなど相当程度の破壊力を有する様々な種類の武器と巧妙な偽装工作がされているのを見て、国民の安心と安全を確保するため、厳正に対処すべきだと感じました。

最後に、江戸風情の温泉テーマパーク大江戸温泉物語では、お気に入り浴衣に着替え、江戸の町並みを再現した居酒屋、そば屋、だんご屋、みやげもの屋が軒を並べる広場や、浴衣姿で足湯、砂風呂、露天風呂と浮き世のあれこれを流しいつしか心も癒されたんではないでしょうか。ちょっと時間が足りなかったのが残念に思います。

帰りのバスの中でも、話し合いが行われよい移動例会、親睦ができました。

  • 飛行機整備中

  • 整備場内移動

  • 会食風景

  • コンダクターちょっと一服

前のページへ戻る