水戸さくらロータリークラブの活動

第19回外国人による日本語スピーチコンテストが開催されました

  • 2010.2.6
  • トピックス国際奉仕奉仕活動日本語スピーチコンテスト
活動場所 県民文化センター

2月6日(土)の午後1時より県民文化センター小ホールにて「第19回外国人による日本語スピーチコンテスト」が開催されました。在県外国人の日本語での意見発表により県民の国際理解を深める機会を提供することを目的とし、県内在住の外国人の皆さんが日頃感じていることなどを日本語で発表します。

今回は16の国と地域からおいでの45名の方々からコンテストへの応募がありましが、時間の制約もありスピーチの内容やテーマ、表現力等を考慮し13カ国の方々15名の発表となりました。15名のうち女性が13名と多く、在日期間も4ヶ月から16年10ヶ月と幅が広く職業等も主婦から高校生、大学生、外国語指導助手など様々でした。

外国の方々のものの見方、茨城で生活している上で感じたことや、自国の文化や生活習慣の違いなどを、ユーモアを交えた流暢な日本語で楽しいスピーチとなりました。私達には思いも付かない事や、改めて感じさせられる事が多く自分たちの生活を見つめ直す良いきっかけとなりました。

このコンテストが国際理解を深め、互いに協力して生活する多文化共生社会への一助となればすばらしいことです。尚、水戸さくらロータリークラブより、茨城県議会議長賞として贈呈いたしました。

  • コンテストの様子

  • コンテストの様子

前のページへ戻る