2022~23年度国際ロータリー会長挨拶

国際ロータリー会長 ジェニファー E. ジョーンズ

50 年前、次のような美しい歌詞を含む 曲がレコーディングされました

君は僕を夢想家だというかもしれない
でも僕一人ではないさ

この歌詞は、行動への呼びかけだと私はとらえます。私たちには皆、夢があります。しかし、そのために行動するかどうか決めるのは私たちです。ロータリーのような団体がポリオの根絶や平和の実現といった大きな夢を抱くなら、それを実現させる責任は自分たちにあります。

想像してください、私たちがベストを尽くせる世界を。私たちは毎朝目覚めるとき、その世界に変化をもたらせると知っています。昨日のことをイマジン(想像)する人はいません。それは未来を描くことです。

ポリオのない世界を想像してください。
みんなが全然な水を使える世界を想像してください。
疾病のない世界、すべての子どもが読むことのできる世界を想像してください。
やさしさ、希望、愛、平和を想像してください。

だからこそ。「IMAGINE ROTARY」がテーマとなります。

Imagina Rotary.
Imaginons le Rotary.
Immagina il Rotary.
イマジン・ロータリー
상상하라로타리
Imagine O Rotary.
想像扶輪

これがすべての言語で重要な意味をもつことを願っています。
ブロードウェイミュージカルの『レント』(Rent)という作品の歌に、素敵な一節があります。

52 万5600 分
人生の中で1 年をどうやって測ればよいだろう

この作品を知っている方もいるかもしれません。または、この作品にインスピレーションを与えたプッチーニの『ラ・ボエーム』を知っている方もいるでしょう。
現ガバナーのミシェル・ボリアーさんは最近、私たち一人ひとりが同じ時間を与えらえていることについて考えるよう呼びかけました。大切なのは、その時間をどう生きることを選択するか、ということです。

7月1日に、時計が動きだします。皆さんは、この時間をどう使いますか。

RI第2820地区ガバナー挨拶

国際ロータリー第2820地区 ガバナー 大野治夫(つくば学園RC)

今年も昨年に続き、新型コロナウイルス感染症終息が見えない為、国際協議会がバーチャル開催となりました。ジェニファー・ジョーンズRI会長は2022-23年度のテーマを「IMAGINE ROTARY」と発表しました。日本表記は「イマジン・ロータリー」です。
RI会長の好きな色は、紫・緑・白で紫はポリオ、緑は環境、白は平和を意味しています。

「想像して下さい、私達がベストを尽くせる世界を、私達は毎朝目覚める時世界に変化をもたらせる事を知っています。昨日の事をイマジン(想像)する人はいません。それは未来を描くことです」

ロータリーで私たちは、持続可能な良い変化を生むために人びとが手を取り合って行動する世界というビジョンの実現には、多様性があり、公平で、インクルーシブ(包摂的)な文化を培うことが不可欠であると理解しています。

私たちは多様性を重んじ、すべての背景、年齢、民族、人種、肌の色、障がい、学習スタイル、宗教、信条、社会経済的立場、文化、婚姻状態、使用言語、性別、性的指向、ジェンダー自認だけでなく、異なるアイデア、考え、価値観、信念を持つ人びとによる貢献を大切にします。

ロータリーへの入会、参加、リーダーシップの機会といった面で、歴史的に特定のグループの人びとが障壁に直面していたという点を認識し、すべての人が成功のためのリソース、機会、ネットワーク、支援への必要なアクセスを得られるよう、地域社会でのパートナーシップも含め、ロータリーのあらゆる側面で公平さを促進していくことに私たちは全力を注ぎます。

私たちは、すべての人が目に見える、または目に見えない本質的に独自の資質を備えていると信じています。また、自分が大切にされているとすべての人が感じ、帰属意識を持てるようなインクルーシブな文化を築くことに尽力します。

高潔性というロータリーの価値観に従い、DEI(多様性、公平さ、インクルージョン)にいたる旅路において組織として自分たちがどこにいるのかを正直かつ透明性をもって見据えるとともに、これからも学び、向上し続けていくことに全力を尽くします。

「ポリオのない世界を想像して下さい。みんなが安全な水を使える世界を想像して下さい。
疾病のない世界、全ての子供が読み書きを出来る世界を想像して下さい。
やさしさ、希望、愛、平和を想像して下さい。
だからこそ、「イマジン・ロータリー」がテーマなのです。
私は、地区スローガンを「enjoy life ~人生を楽しむ~」地区目標を「一人一人が想像力を持って奉仕する」としました。

ロータリーに入り、自分の人生はとても充実している。
ロータリーに入り、かけがえのない友人を得る事が出来る。
ロータリーに入り、人のため、社会のために役立つ事が出来る。
それが、ロータリークラブではないでしょうか。
大いに楽しみながらロータリー奉仕活動をしましょう。

7月1日から皆さんと一緒に、52万5600分を進みましょう。

水戸さくらロータリークラブ会長挨拶

高野 義久

2022-2023年度、会長を仰せつかりました高野です。1年間、よろしくお願いします。
昨年度、会員が12名増強され、7月入会の会員を含めると35名で今期をスタートする事になりました。チャ ーターメンバーである昨年度の大澤会長がクラブの問題を分析し、若い岡田幹事の行動力で1年間ご尽力頂いた賜物だと感じております。改めまして1年間、クラブの為にご奉仕頂き深く御礼申し上げます。
バトンを受け取った私と致しましては、クラブ運営基盤の強化を目標に1年間進めていきます。
会員の平均年齢は51歳まで若返りました。若い会員が経験を積んでいけば、自ずとクラブの力は増していくと考えております。奇しくも、昨年開催されたRI規定審議会において、従来では考えられない様な改定が採択されました。出席報告の撤廃、エリアの廃止など、RIも時代の変化に対応していく事に必死です。
共通して目指している事は、若い会員を積極的に引き入れるという事です。若い会員はこれからのクラブ、RIを背負っていく宝です。この宝が光り輝くよう、クラブとしてサポートをしていきたいと思います。
そのためには様々な活動に積極的に参加をし、楽しく経験を積んでもらう事が一番だと考えております。事業の立案・実施までアイデアを持ち寄り、行動をお願いします。
この行動をサポートするために、サポート委員会を新設いたしました。オリエンテーションの開催はもとより、活動している中で直面するロータリー用語、事業の進め方など全般のサポートをお願い致します。
そして今までクラブを造ってきた皆様には、よきメンターとなって頂く事を切にお願い致します。これまで培われた知見や人脈を駆使し、クラブ運営に対してご助言をお願いします。もちろん、これまで人数や予算の関係で実現できなかった事業の提案もお願いします。この先の 30 年を担える土壌を皆様と一緒に築き上げていきましょう。
今期の主な目標ですが、下記の3点を掲げます。

  1. これまで「慣例」になっていた事を、全ての会員に対して説明できるように明文化します
  2. 地区の寄付目標を達成します(米山記念奨学会寄付 平均30,000円、ロータリー財団寄付 平均$180)
  3. 会員増強は5名以上を目指します

幸い今期は、当クラブがホストを務める対外的な行事がありません。クラブ運営を重視して1年過ごしてまいります。県内の他クラブを見渡しても、これほど若い会員が揃っているクラブはありません。当クラブにしかない特徴を活かした活動が出来ます。この特徴を対外的にも宣伝をし、更なる会員の増強に繋げていきたいと思います。
今年一緒に運営を行っていく小林一裕幹事も入会3年目です。まだまだ至らない部分もあると思いますが、クラブの為にとの想いから幹事を引き受けて頂きました。年度末に「よい1年だったね」と全ての会員が胸を張れるように頑張ってまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。