水戸さくらロータリークラブの活動

第29回外国人による日本語スピーチコンテストが開催されました

  • 2020.2.8
  • 国際奉仕奉仕活動日本語スピーチコンテスト
活動場所 ザ・ヒロサワ・シティ会館

2月8日(土)晴天の下、ザ・ヒロサワ・シティ会館・小ホールで首記の第29 回外国人による日本語スピーチコンテストが開催されました。
300人が収容される小ホールはほぼ満席で、散歩のついでと言ったご夫婦連れも散見できます。
51名がエントリーし、うち15名が発表者と成りました。国籍は多彩でインドネシア、サウジアラビア、スコットランド、ベトナム、インド、スリランカ、ウズベキスタン、ブラジル、ネパール、韓国、中国です。
皆さんの母国のこと、日本のこと、お国柄と内容が多彩で、スリランカの女性が日本女子は子供を作らないのに乳母車に犬を入れて歩いているのが不思議だと言っていました。
別の話では「日本食に慣れましたか」と聞かれる時、「外国人だと認識されて警戒」されていると感じると申しておりました。
飽きない2時間でした。
我がクラブは成績第2位の県議会議長賞を担当しており、会場にも「水戸さくらロータリークラブより賞金が渡されます」とアナウンスがあり、大いに面目を施しましたことをご報告いたします。

  • スピーチコンテストの様子

  • スピーチコンテストの様子

前のページへ戻る