水戸さくらロータリークラブの活動

水戸市近郊中学新人卓球大会が開催されました

  • 2019.8.20
  • トピックス奉仕活動新世代奉仕水戸近郊中学新人卓球大会移動例会
活動場所 青柳公園水戸市民体育館

水戸近郊中学新人卓球大会が「水戸さくらロータリークラブ杯」として、8月20日に、青柳公園水戸市民体育館で開催されました。

開会式9時10分のところを8時に集合し、主催としての準備を会員一丸となって行いました。少しご高齢の青木会員、篠田会員も率先して卓球大会の垂れ幕の設置などをして下さり、また、例年の行事となり、意外と速やかに準備が出来ました。実際には体育館の門が開く30分前に集合していた会員もいたようです。
開会式では主催者挨拶として、和田会長が中学生に励ましのエールを贈り、続いて水戸市長に来賓挨拶をして頂きました。

開会式最後に、中学生に対してのもう一つの目的である「薬物乱用防止のお話」を水戸市保健所次長兼衛生課長にして頂きました。
体育館には数年前に作成した「薬物乱用防止 ダメ。ゼッタイ。」の大きな垂れ幕を掲げ、中学生には大きなアピールとなりました。学生も真剣に聞いて頂き、企画したかいがありました。
その後、別室で例会が開催されました。
今回は会員の他に、おなじみ圷会員の中学生のお孫さんや、米山奨学生の方さん、さくら奨学生の4人も参加して下さり、準備等からお手伝いをして頂きました。方さんは集合時間に間に合わないといけないので、前日に水戸駅近くの漫画喫茶に泊まったそうです。申し訳ないことをしました。
例会中には阿部会長エレクトより、それぞれの奨学生には3分間卓話をお願いし、近況などを聞きました。3年生の奨学生1回生の二人はそれぞれの将来の進路、高校生活などについて、お話して頂きました。ロータリアンとの交流も後1回を残すだけとなってしまい、奨学金以外に何がしてあげられたのかを考えることもあり、今後の検討課題としたいと思います。

卓球大会では、上級生が抜けたチーム編成となり、まだおそらく始めたばかりの中学生のプレーには、ほほえましいプレーも多々ありました。しかし、「将来のオリンピック選手」とはいかないまでも、真剣に頑張っている選手を見て一生懸命応援してしまいました。応援していると、学生時代スポーツに熱中していた若き日の自分を思い出し、胸が熱くなりました。

前のページへ戻る